朝日新聞に流産死産を経験した体験者のアンケートの結果やケアについて取り上げられています。

朝日新聞に、2回連載で流産死産を経験した体験者のアンケートの結果や、ケアについて取り上げられています。9月1日の記事では、当会のスタッフで、グリーフカウンセリングを担当している石井の言葉も掲載されました。デジタルでも配信されています。周囲の人からの言葉かけにより、体験者が傷つくことが少しでもなくなりますよう、願っています。

http://www.asahi.com/articles/ASK8S64CFK8SUTFL00Q.html

http://www.asahi.com/articles/ASK805V3QK80UBQU00Z.html

2017年9月9日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : k-hoshino

ペリネイタル・ロスに関する連載がAERAに掲載されました。当会スタッフのインタビューもあります。

雑誌「AERA」にペリネイタル・ロスに関する連載「みんなの知らない出産」が掲載されました。インターネットでも公開されましたので、ご紹介します。

2回連載で死産や赤ちゃんを亡くされたときの体験、その際のケアなどについて書かれています。

当会スタッフの蛭田と石井へのインタビューもあります。

第1回「亡くなった赤ちゃんも陣痛を起こして産む… 悲しい出産の現場

第2回「亡くなった我が子を抱きしめる… 後悔しないためにできること

2017年2月23日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : k-hoshino

流産や死産などをお知らせするためのセレモニーカード(喪中葉書)を配布しています。

天使の保護者ルカの会では、流産や死産などで赤ちゃんが亡くなったことを、周囲の方に伝えるためのセレモニーカード(喪中葉書)を電子データで配布しています。

妊娠を周囲の方に伝えていた場合には、流産や死産などで大切な赤ちゃんが亡くなってしまったことをどのように伝えればいいのかということは、ルカの会のお話会でも、悩み事の一つとして語られることです。

そこで、ルカの会では、流産や死産で赤ちゃんが亡くなってしまったことを伝える方法の一つとしてセレモニーカードを作成し、電子データ(Microsoft Word形式)を配布しています。カードの文面は、流産や死産の体験者が考えたもので、赤ちゃんを亡くされたみなさまの心情にできるだけ寄り添ったものとなるように配慮しています。イラストと同時ではなく、文面だけをご活用いただいても差し支えありません。

これから年末に向かって、年賀状は受け取りたくないけれども、喪中葉書を出すのもちょっと・・・・というときにもご活用いただけます。サンプルの確認やデータのダウンロードは以下のページからしていただけます。

http://plaza.umin.ac.jp/artemis/rcdnp/tenshi/ceremoneycard.html

 

2016年9月10日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : k-hoshino