ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

エンジェルキルトを開催しました。

11月12日に、エンジェルキルトを開催しました。

当日は、ママさんもパパさんも赤ちゃんへのプレゼント、キルトのぞうさんを一生懸命作りました。

p1000162p1000160p1000169

2016年11月21日 | カテゴリー : 手作りの会 | 投稿者 : k-hoshino

エンジェルキルトの申し込みについて

エンジェルキルトの申し込みは、11月7日(月)までになります。

お空にかえった赤ちゃんに、手作りのプレゼントを作ってみませんか?

写真は、昨年作製した「キルトのわんちゃん」です。

キルトのわんちゃん

2016年11月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : k-hoshino

流産、死産などで亡くなった赤ちゃんに手作りのプレゼントを作るエンジェルキルトの開催について

すでに、ニュース等に掲載していますが、天使の保護者ルカの会では、流産、死産、新生児死亡、乳児死亡などで亡くなられた赤ちゃんに手作りのプレゼントを作る「エンジェルキルト」を開催します。

大切な赤ちゃんのために、手作りのプレゼントを作ってみませんか?

今年は、キルトのぞうさんを作製します(ポスターの画像をご覧下さい。)。毎年、キルトリーダーズ東京のみなさまを講師にお迎えしており、また、時間内に完成させられるようにある程度ご準備いただいた生地をご提供いただいているため、普段、縫い物をされない方でも、時間内に必ず完成させることができます。パパさんのご参加も、例年あります。

ご夫婦でご参加いただく場合は、1人一つずつお作りいただくことも、お二人で一つをお作りいただくこともできます。

日時、場所等は以下のとおりです。

・対象:流産、死産、新生児死亡、乳児死亡などで赤ちゃんを亡くされたお母様、お父様、ご家族の方(亡くされてからの期間に制限は設けておりません。)

・日時:平成28年11月12日(土)13:30~17:00

・場所:聖路加国際大学2号館1階ポルカルーム(お話会の会場とは異なります。)

東京都中央区築地3丁目8-5(最寄り駅:日比谷線築地駅、有楽町線新富町駅)

・参加費:2,500円(材料費、1個につき)

・お申し込み方法:サイトの「お問い合わせ方法」記載のメールアドレスまでお申し込み下さい。ご質問等も、こちらまでお願いいたします。

angel2016

流産、死産、新生児死亡を体験された方を対象としたお話会(10月)の開催について

天使の保護者ルカの会では、流産、死産、新生児死亡を体験されたママさん、パパさん、ご家族の方を対象としたお話会を、10月8日(土)13:30~16:00に開催します。

お話会では、流産、死産、新生児死亡で亡くなった赤ちゃんへの想いや悩み事、不安なことなどについて、ご自由にお話いただけます。参加者同士でそれぞれの想いや体験を語り合うことで、抱えている悩みが自分だけではないと感じることや、体験者であるスタッフからアドバイスをさせていただくこともあります。また、スタッフには助産師もいますので、医療に関するご質問にもお答えいたします。

天使の保護者ルカの会では、流産、死産、新生児死亡を体験された方が少しでも安心して参加できるよう、参加される方の安全や安心に配慮した活動を行っています。参加お申し込みに当たっては、ハンドルネームやニックネームでお申し込みいただくこともできますし、お話会でも、ハンドルネームやニックネームをお使いいただくことができますので、その旨、お申し込みのメール等にご記載下さい(ただし、当方からご連絡をさせていただく必要があるため、メールアドレスだけはお申し込み時にお伺いしています。)。

お申し込みは、お話会のお約束をご確認のうえ、お問い合わせのページに記載のメールアドレス宛てにお願いいたします。

参加費は、お一人500円です。お申し込みは10月4日(火)頃までにお願いいたします。

2016年9月17日 | カテゴリー : お話会 | 投稿者 : k-hoshino

流産や死産などをお知らせするためのセレモニーカード(喪中葉書)を配布しています。

天使の保護者ルカの会では、流産や死産などで赤ちゃんが亡くなったことを、周囲の方に伝えるためのセレモニーカード(喪中葉書)を電子データで配布しています。

妊娠を周囲の方に伝えていた場合には、流産や死産などで大切な赤ちゃんが亡くなってしまったことをどのように伝えればいいのかということは、ルカの会のお話会でも、悩み事の一つとして語られることです。

そこで、ルカの会では、流産や死産で赤ちゃんが亡くなってしまったことを伝える方法の一つとしてセレモニーカードを作成し、電子データ(Microsoft Word形式)を配布しています。カードの文面は、流産や死産の体験者が考えたもので、赤ちゃんを亡くされたみなさまの心情にできるだけ寄り添ったものとなるように配慮しています。イラストと同時ではなく、文面だけをご活用いただいても差し支えありません。

これから年末に向かって、年賀状は受け取りたくないけれども、喪中葉書を出すのもちょっと・・・・というときにもご活用いただけます。サンプルの確認やデータのダウンロードは以下のページからしていただけます。

http://plaza.umin.ac.jp/artemis/rcdnp/tenshi/ceremoneycard.html

 

2016年9月10日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : k-hoshino